スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~前向きな現実逃避のススメ。本・映画・テレビのレビューとともに、「役立つ情報」「笑えるネタ」「心に効く考え方」を集めて紹介。本代・映画代を稼ぐ方法も更新中。 

この記事に含まれるタグ :
南極料理人  堺雅人  西田尚美  古館寛治  小浜正寛  黒田大輔  高良健吾  豊原功補  嶋田久作  生瀬勝久  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

思い出し笑いで二度楽しむ。

   ↑  2010/10/06 (水)  カテゴリー: 笑えた作品
いい意味で肩透かしを食らう。

南極という、ウイルスも生存できない極寒の地に赴任してきた8人の男たちの物語---。

そう書くと、大自然ならではの感動的なドラマや、男同士の熱~い友情なんかを想像してしまいがちですが、それはない!
初めに言い切っておきます。
冒頭で緊迫したっぽい場面が流れますが、騙されてはいけません。

南極料理人 [DVD]
南極料理人 [DVD]
posted with あまなつ on 2012.05.22
バンダイビジュアル(2010-02-23)
売り上げランキング: 1523

一歩外に出れば、マイナス70度(!)なんて時もある厳しい世界で暮らしているのに、富士ドームのみんなはゆるゆるムード。
キャラクターもどこか飄々としている人が多くて、つかみどころナシ!
でもそれが“技術畑の人間”って感じで妙にリアルです。

主人公の西村くん(堺雅人)は、そんな隊員たちの食事を作るべく派遣されてきた海上保安庁の人間。
限られた材料の中で工夫を凝らして調理をし、時にはビックリするほど豪華なディナーをこしらえます。
みんながおいしそうに食べてるのを見て、ニンマリしてから自分も食べ始めるあたりがキュート!

それにしても、食べ物にがっつくシーンばかりで、役者陣は大変そう。
これはむやみにNGとか出せないな・・・なんてつい余計な心配をしてしまいましたヾ(´ε`*)ゝ

ものめずらしい南極での生活は、見てるだけなら楽しいんだけど、暮らしている方は当然たまらなく辛くなる時も・・・。

西村くんも、日本にいた頃は奥さん(西田尚美)の作るべちゃべちゃの唐揚げに不満たっぷりだったくせに、南極ではそのべちゃべちゃが懐かしくて泣いちゃいます。
つられて、うっかり私も涙・・・o(TヘTo) クゥ

他にも、仮病使って仕事放棄する主任(古館寛治)。
それにブチ切れる平さん(小浜正寛)。
なぜだかバターを舐めずにいられない盆さん(黒田大輔)。
超遠距離恋愛中の彼女にフラれ、凍死しようとする兄やん(高良健吾)。
いつの間にかBarを作って夜な夜な酒を振る舞うドクター(豊原功補)。
ラーメンを食べられないことが辛くてたまらないタイチョー(きたろう)。
奥さんとケンカ中の本さん(生瀬勝久)。

・・・みんなで笑ったり怒ったり泣いたりしながら一年半あまりの南極生活を送ったのち、彼らはまるで一つの家族のように仕上がりました。
西村くんは最終的にみんなのオカン化。

やがて日本に帰る日となり、空港で待つ家族の元へ走った西村くん。
ここで終わりか~
・・・と思いきや、まだ続きが!

恋しかった日本で西村くんを待っていたのは、“本当に南極なんか行ったのか?”と疑いたくなるほど以前と変わらぬ日々の暮らし。
寝っころがってテレビを見て、子供と戯れ、オナラをする。

でも、少しだけ違っていたのは、彼がべちゃべちゃの照り焼きバーガーを食べた瞬間、「うま!」と思わず漏らしたひと言。
Beforeなら、「もたれる」とか「美味しくない」とかブツブツ言いそうですが、Afterでは「うま!」なんです。
相変わらず妻と娘に押され気味の会話をしていても、やっぱり家族で一緒に食べてることが一番の隠し味。
それに、長いこと自分の作ったものしか食べていなかったから、人の作ってくれたものが食べられる、そういう幸せに改めて気づいたんじゃないでしょうか。
南極へ行き、べちゃべちゃ唐揚げがソウルフードになったに違いない西村くん。
夫婦ゲンカした時食べさせれば、大人しくなるかもしれない・・・!

南極料理人@ぴあ映画生活

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事に含まれるタグ : 南極料理人 堺雅人 西田尚美 古館寛治 小浜正寛 黒田大輔 高良健吾 豊原功補 嶋田久作 生瀬勝久 

FC2スレッドテーマ : 邦画 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/blog-entry-662.html

2010/10/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 思い出し笑いで二度楽しむ。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。