スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~前向きな現実逃避のススメ。本・映画・テレビのレビューとともに、「役立つ情報」「笑えるネタ」「心に効く考え方」を集めて紹介。本代・映画代を稼ぐ方法も更新中。 

この記事に含まれるタグ :
クリストファー・ノーラン    インセプション  レオナルド・ディカプリオ  エレン・ペイジ  渡辺謙  ジョセフ・ゴードン=レヴィット  マリオン・コティヤール  トム・ベレンジャー  トム・ハーディ  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

街をグニャリ!の快感。

   ↑  2010/09/28 (火)  カテゴリー: クセになる作品
頭の中ぐちゃぐちゃ。だけどなんか好き。

ややこしかった・・・
観終わった後、しばらく ( ゚ ρ ゚ )ボーーーー
本当はもっとわかりやすく作ることもできそうだけど、あえてそれをしないで、
観ている人の頭の中をぐちゃぐちゃに引っ掻き回して考えさせるような作りになってるのかな?
でもそれが妙に快感だったりするから不思議です。

インセプション [DVD]
インセプション [DVD]
posted with あまなつ on 2012.05.22
クリストファー・ノーラン
ワーナー・ホーム・ビデオ(2011-07-20)
売り上げランキング: 867

<どんな話?>
人さまの夢の中に勝手に入り込んで、意識の奥にある情報を盗み出したり、
逆にニセの情報を植え付けたり(=インセプション)するプロ集団の話。
設計士(=夢の世界を構築する役割)のコブ(レオナルド・ディカプリオ)とその仲間たちは、依頼を受け、
ある人物の夢の中に深く潜り込んでいくが・・・

他人の意識の奥深くにニセの記憶をインセプション(=植え付け)する場合、
記憶を自然な形でしっかり定着させるため、浅い階層の夢から深い階層の夢に潜り込んでいかないといけません。
そのため、コブ(レオナルド・ディカプリオ)たちは、他人の夢の中で再び寝るということを繰り返してゆきます。
「すべては夢の中のことだから」と安心してはいられません。
浅い夢の中で死んでしまった場合は目が覚めるだけですむけれど、深く潜った状態で死ぬと、意識が虚無の世界に落ちてしまい、現実に戻って来れなくなるというのです。(=脳死状態のような、廃人のような人間になってしまう)

ポイントは、他人の夢の中に入り込んでいる間にも、自分自身の夢(潜在意識)がそこに紛れ込んできちゃうっていうところでしょうか。
暗い過去を持つ主人公のコブ(レオナルド・ディカプリオ)は、そのためにあれこれ悩まされて、夢の中での仕事をスムーズに行えなくなったりしています。

正直、彼みたいに元妻の幻影を引きずって仕事に支障をきたすような精神不安定な人をリーダーにしたくないっす(;´д`)ノ

とまぁそれはさておき、とにかく映像が斬新で飽きませんでした!
特に街をグニャリと折り畳むところ。
あれをどうにかしてやってみたい・・・!
USJとかに、インセプションのアトラクションを作ってくれないかな~
3Dで、グググーッと天井に逆さまの街が映ったりするやつ。
あとは、ぐるぐる巻きでエレベーターに押し込まれてキックされてもいい\(^▽^)/

個人的には、新入りの女の子アリアドネ(エレン・ペイジ)を主人公にしたストーリーでもおもしろそうだなと思いました。
設計士(=夢の世界を構築する人)として未知の可能性を秘めた彼女が訓練を受けて、ずば抜けた能力を開花していく。
その過程で、レオが精神的に不安定であることに気づき、任務を遂行すると同時に彼を救おうとする物語。
これなら見てる方も、夢の世界について無知な彼女と一緒に彼女の目線で勉強することができて、もっとわかりやすいかも?
あるいは、インセプションされる側から描いてもおもしろそう。
侵入を防ごうと、相手の裏をかいてあれこれ作戦を練るとか・・・
いろんな可能性に満ちた世界観のお話で、妄想ふくらみまくりでした。

※ここからややネタバレあり!

最後は解釈が分かれるところですね。
果たしてコブは現実の世界で子供たちに会えたのか、まだ夢の中をさまよっているのか・・・
トーテムのゆらぎ加減がまた絶妙なんだよな~
倒れそうで倒れない。
願望としては、絶対に現実世界に戻ってて欲しいんだけど、子供たちの洋服が別れた時と同じだった気もするし・・・
コブが帰ってくるのを拒絶してたお父さん(?)も妙に受け入れ体制バッチリで、すんなり迎えに来てくれてたし・・・あやしい!
サイトー(渡辺謙)も約束を即守って、いいヤツすぎる!
ということで、私は希望的観測を捨てて、レオはまだ夢を見てる最中だと判断しました。

インセプション@ぴあ映画生活
インセプション」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事に含まれるタグ : クリストファー・ノーラン  インセプション レオナルド・ディカプリオ エレン・ペイジ 渡辺謙 ジョセフ・ゴードン=レヴィット マリオン・コティヤール トム・ベレンジャー トム・ハーディ 

FC2スレッドテーマ : ★おすすめ映画★ (ジャンル : 映画

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/blog-entry-651.html

2010/09/28 | Comment (0) | Trackback (1) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 街をグニャリ!の快感。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

インセプション

この映画、実は夏に公開になった時に観たのです。 で、何でレビューがこんなに遅くなったのかというと、 実は、映画の途中で寝てしまったのです。 朝一番の回を観に行ったのですが、 この夏はとても暑かったせいか、 物凄く冷房がきつかったのです。 おまけに首が寝...

映画、言いたい放題! 2010/12/31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。