スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~前向きな現実逃避のススメ。本・映画・テレビのレビューとともに、「役立つ情報」「笑えるネタ」「心に効く考え方」を集めて紹介。本代・映画代を稼ぐ方法も更新中。 

この記事に含まれるタグ :
大森南朋  小市慢太郎  安田顕  ヤスケン  芦名星  スピリチュアル    平泉成  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

不思議な余韻に浸れる作品。

   ↑  2009/08/22 (土)  カテゴリー: 心が温まる作品
ちょっとスピリチュアルであったかい世界。

大好きな作品の一つです。
登場人物たちのキャラクターも立っていて魅力的だし、物語の世界観も素敵。

自暴自棄気味のヒロイン・真奈美(芦名星)が、妙田という男(大森南朋)に振り回されながらも、少しずつ大事な何かに気づかされていく過程がほほえましくもあり、神秘的でもあり、心動かされました。
どうでもいいけど、この妙田っていう名前もいい感じ。
本当に得体の知れない"妙"な男なんです。

たとえ世界が終わっても CYCLE SOUL APARTMENT スペシャル・エディション [DVD]
角川エンタテインメント(2008-02-08)
売り上げランキング: 39621

<どんな話?>
ある病気により、自分に残された時間を知ってしまって絶望する真奈美(芦名星)は、インターネットの自殺サイトの管理人、妙田(大森南朋)という男と知り合う。
妙田は、自分が前世で世話になった人間しか入居させないと言う奇妙なアパートの管理人でもあった。
真奈美はそんな妙田から紹介された写真家の寛治(安田顕)が病に冒されながらも前向きに生きる姿を見て自分も生きる勇気を取り戻していくのだが・・・。

冒頭は自殺サイトが出てきたり、芦名星さんもかなりテンション低めでウツウツとしているので、「これってものすごく暗い話なの!?」と心配になります。
しかし、この妙田(大森南朋)の登場によって空気は一変。
一気に雰囲気が軽くなります。
言ってることがめちゃくちゃで笑えるし、「なんなんだコイツ」って感じで、いつのまにか彼の行動に釘付けになってしまいます。

前世の記憶が残っているという妙田は、生きる屍みたいな真奈美の心に強引に入り込み、観ている私の意識まで自分のペースにぐいぐい引きずり込んでいくのです。

ひょうひょうとしていてつかみどころがないけれど、全てを悟っているような不思議な男、妙田。
とぼけてるいようで核心をついてきたり、厳しいようで慈愛に満ちていたり・・・と、どこまでも謎めいている。
このキャラクターがたまりません!
大森南朋さんはこういう役を演じさせたら右に出る者はいないんじゃないかと思うくらい本当にうまい。

この作品は、野口照夫監督がキャスティングを非常に大切にしているというだけあって、出てくる人みんながとにかくハマり役なのです。ドンピシャです。

美人でちょっと影があって気の強そうな「真奈美」を芦名星が、
二枚目と三枚目の間をウロウロしている「寛治」を安田顕が、
見事に演じ切っています。

前出の大森南朋さんも素晴らしかったのですが、ヤスケンこと安田顕さんも良かった!
いいヤツなのにものすごく不器用で、イケメンなのにどこか抜けてるという・・・
これにもっともっと暗い性格がプラスされればヤスケンそのまんまじゃん!
と、チームナックスLOVEの私はニンマリしてしまいました(笑)

ストーリー自体はわりとシンプルですが、ラストはうまく涙を誘ってきます。
あったかくて切なくて、
心にぽっかりと穴が開いてしまったような喪失感を確かに感じながらも、なんだか満ち足りている・・・
そんな不思議な余韻が残る作品。

あぁ、私も妙田に「ひさしぶり」と言われたい。
そして、寛治が撮った妙田モデルのあのポスター、マジで欲しいです!(笑)

たとえ世界が終わっても@ぴあ映画生活

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事に含まれるタグ : 大森南朋 小市慢太郎 安田顕 ヤスケン 芦名星 スピリチュアル  平泉成 

FC2スレッドテーマ : ★おすすめ映画★ (ジャンル : 映画

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/blog-entry-563.html

2009/08/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: 不思議な余韻に浸れる作品。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。