スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~前向きな現実逃避のススメ。本・映画・テレビのレビューとともに、「役立つ情報」「笑えるネタ」「心に効く考え方」を集めて紹介。本代・映画代を稼ぐ方法も更新中。 

この記事に含まれるタグ :
二分間の冒険  おすすめの本  書評  レビュー  読書感想  RPG  岡田淳  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

この本を読んで読書が一生の趣味になりました。

   ↑  2009/02/26 (木)  カテゴリー: 夢中になれた作品
この本が好きな人とは仲良くなれそう。

この本を手に取ったのは小学3年生のとき。
とにかくおもしろくて、目が離せなくて、
ご飯を食べる時間も寝る時間も惜しんでページをめくった記憶があります。

二分間の冒険 (偕成社文庫)
太田 大八
偕成社(1991-07)
売り上げランキング: 1800

<どんな話?>
いつもの見慣れた校庭から、突然不思議な時間の流れの世界へ旅立ってしまった小学6年生の悟。
そこは竜が支配する国で、竜の館のいけにえとしてたくさんの子ども達が集められていた・・・

この本に出会ったおかげで、私は図書館が大好きな子供になってしまいました。
今でも読書が最大の趣味の一つになってしまいました。

わたしもある日突然、通い慣れた学校から別の世界に旅立つことがあるんじゃないか?
そんな時、この本の中の主人公のように勇敢な戦いができるだろうか?
・・・と本気で心配していたような気がします。
あの頃はピュアだったんですよね・・・(遠い目)

何がおもしろいって、一番の見どころは“なぞのかけあい”です。
生死をかけたなぞかけ。
竜のヘリクツみたいな解答に本気で頭に来たり、悟の機転に感動したり・・・

小学3年生の私は、この本が終わってしまうのが淋しくて、ページが残り少なくなってくると、「好きなシーンまで戻ってまたそこから読む」・・・というような今では考えられないような熱心さでこの本に向き合っていました。

あの頃は気持ちが真っ直ぐだったんですよね・・・(遠い目その2)

大人になってからも一度読みましたが、サラッと3時間くらいで読み終わりました。
でも、ハラハラドキドキ感は決して色あせていない。
子供だましの本なんかじゃないと改めて実感しました。

まだ読んでない人にはぜひ読んでみてほしい一冊です。
子供向けだとバカにしてはいけません。
この本が好きな人とは、なんだか仲良くなれそうな気がします(笑)

☆センスが光る岡田淳シリーズ☆
竜退治の騎士になる方法 放課後の時間割 (偕成社文庫) 人類やりなおし装置

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事に含まれるタグ : 二分間の冒険 おすすめの本 書評 レビュー 読書感想 RPG 岡田淳 

FC2スレッドテーマ : オススメの本 (ジャンル : 本・雑誌

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/blog-entry-523.html

2009/02/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: この本を読んで読書が一生の趣味になりました。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。