スターブックスコーヒー~本と映画とおこづかいかせぎ~前向きな現実逃避のススメ。本・映画・テレビのレビューとともに、「役立つ情報」「笑えるネタ」「心に効く考え方」を集めて紹介。本代・映画代を稼ぐ方法も更新中。 

この記事に含まれるタグ :
西の魔女が死んだ  サチ・パーカー  高橋真悠  りょう  大森南朋  高橋克実  木村祐一    

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |

生きる力を取り戻すための贈り物。

   ↑  2008/04/26 (土)  カテゴリー: 癒された作品
親でもなく友達でもない大切な存在。

題名だけ見ると、ファンタジーか冒険物か?という感じがしますが、物語の舞台はズバリ「日常生活」!
人としてどう生きるかを軽やかに教えてくれる作品です。
大人になった今でも素直に考えさせられる、やさしい気持ちになれる貴重な作品の一つだと思います。

西の魔女が死んだ [DVD]
角川エンタテインメント(2008-11-21)
売り上げランキング: 8507

<どんな話?>
中学に進んだマイは、どうしても学校へ足が向かなくなってしまい、
「西の魔女」と呼ばれるおばあちゃんの元でひと夏を過ごすことになった。
大自然の中で、戸惑いながらも魔女修行に励むマイ。
そんな日々を送るうち、マイは次第に楽しく生きる力を取り戻していく・・・。

この映画の原作本は、小学生か中学生のころに読みました。
おもしろかったのは、子供のころ本を読んだ時にはマイちゃんの目線で共感し、大人になった今映画を観たら、おばあちゃんの目線で考えている自分に出会えたこと。
当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、それぞれの年代に学びがあり、深く共感を得られる作品は貴重だと思います。
いつか自分に子供ができたとき、このおばあちゃんのように大きな愛で、しっかりと信念を持って子供に接してあげることができるだろうか?
子供の世界にも生きづらい日々があることを、自分が子供だった頃のことを思い出して、理解してあげることができるだろうか?
そんなことをふと想像する自分がいました。
特に、「人は死んだらどうなるの?」という、マイちゃんの疑問に対してのおばあちゃんの答えは、愛に溢れていると思います。

それだけにラストはやっぱりさみしいなぁ。
ちょっとした行き違いで、素直になれなくなってしまったマイちゃんの行動が、そしてそれを後悔するマイちゃんの気持ちが痛いほどよくわかります。

自分に愛を注いでくれる人の存在を当たり前だと思ってはいけないし、それに甘えてばかりではいけない。
悔いの残らないように、私も愛を返していかなければ・・・そう素直に反省できます。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ@ぴあ映画生活

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

この記事に含まれるタグ : 西の魔女が死んだ サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一  

FC2スレッドテーマ : 映画情報 (ジャンル : 映画

(記事編集) http://chocoholic555.blog40.fc2.com/blog-entry-124.html

2008/04/26 | Comment (2) | Trackback (1) | HOMEへ | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 無関心さへの警鐘。
この前の記事 : はじめて歌で号泣しました。

Comment


「西の魔女が死んだ」、本を何度も読みました。映画化されたんですね。楽しみですね。

東の魔女 |  2008/04/26 (土) 20:56 No.12


淡々としてるけど、読み終わった後には心に何かがしっかり刻まれてる、そんな素敵な作品ですよね。
私も映画化楽しみです☆

まるちょこ |  2008/04/26 (土) 23:47 No.13

コメントを投稿する 記事: 生きる力を取り戻すための贈り物。

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

(映画)西の魔女が死んだ

魔女修行を通して、まいを社会生活に復帰させようとするおばあちゃん。ニワトリが獣に殺されたり、隣人の不気味な影におびえたりと様々なことを経験して、成長したまい

ゼロから 2011/01/02
この次の記事 : 無関心さへの警鐘。
この前の記事 : はじめて歌で号泣しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。